サークルやめたいけどデメリットが気になって悩んでいた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

※数年後追記:就活はサークルなしでも何も困りませんでした
詳しくは、、またそのうち記事を書く、かもしれない

サークルやめたい
単純につまらない、時間食う、パワハラうざい
でもサークルをやめると根気がつかないんじゃないか?話す人いなくね?とか考えて、迷う

そのまとめ

話す人がいない問題について

なんか一緒にごはん食べてる人はいるけど、そんなに話が合わないんだよなあ…
高校のときはわりと仲間見つかってたのに
なんで大学だと見つからないんだろう
クラスがないからか…

根気の問題

よく考えたら根気って無理やりつけるものじゃないのかも
夏の大会のとき一日中したくもない勉強で死んでたけど今またあれをやりたいかって言うと嫌だ
ってことはついてないじゃん!

そもそもなぜ会話がないデメリットを考えるか

大して仲良くない人と話したり遊んだりも好きな活動的な人が世間では多いのかもしれないけど自分はそうじゃなくて、
自分と向き合うのと仲良しの一部の人とだけ話すのが好きだからそれはもう仕方ない。
じゃあ、なんで話す人がいないのを心配するかといったら、やっぱり会話がないのはまずいんではないかという不安と、情弱になりたくないからか?

ぼっちとかコミュ障とか人をけなすラベリングを気にしたり加担したらいけないよって言っている人がいたけどいいこというなーと思った
ものは言いよう

まあ自分は元々そんなの気にしてないと…思ってたけどやっぱり少しは気にしていたのかもしれない
そもそもぼっちというか、友達が完全にゼロなんじゃなくて群れたくなるような相手が今属しているところにいないってだけだから
それって特に問題ないでしょ
群れたくなるような好きな相手がいたら群れるよ、好きだもん

世間受けと自己評価の話

よく、何か一つでも頑張ったって言えるものがあったらいいみたいに言うけど、それはうそで、
その一つが世間受けするものじゃないとダメなんだよね

卵を片手で割りまくる技術を磨くのを頑張りました!!とか言ってもはぁ?ってなるよね

だからもうそういう言葉を間に受けるのは苦しいからやめよう
ボランティアも留学もバイトリーダーも興味ない やりたくない

でもやらないと自分の利益が損なわれるかも
頭ではこうしたほうが利益になるとは分かっていても
そうはいってもめんどいっていう感情が邪魔をしてくる

でも最近手芸やら心理学やら栄養学を始めた
幼稚園児レベルだけど植物を育てたり食べ物を作ったりも始めた
受験生になるまでは自我がなくて、受験生のときは勉強で、大学の夏休みまでは忙しくてできなくて、夏休みは遊んでたからできなくて(???) だから今が人生で最初の試行錯誤できる時間だ
手芸は始めたってか昔もやってたけど…(例のごとく幼稚園児レベル)
これも採寸して型紙自分で製図して!!!洋裁!!!みたいにレベルが高かったら誇れるんだけど
残念ながらそれと比べるとひよこ通り越して胚レベル

でもみんなそんなに誇れることはあるんだろうか?
あるのかな?
私はありません
それがやばいのか?(就活的に)
正直就活が終わればそんなのどうでもいい(向上心ゼロ)
理想とかないからしたいことするだけ
理想ある人はそれもしたいからやってるだけよ

はーめんどくさい
こんなの考える時間がいらない
就活ってどんなものか誰か教えて欲しい

受験勉強については一応しょぼくないとは思ってるけどすごいとも思わない…
自分以上の大学の生徒たくさんいるし理系の人たちもいる
ああ! それでTOEICでも受けたら少しは自信がつくって言ってたのに!忘れてた
でもTOEICも900点とかとってるひとが山ほどいるから自分が何点か取ったところでふーんとしかならない…

日本に生まれてる時点で十分すぎるほど恵まれてるのにこんなしょぼすぎることでうだうだしてる自分が嫌だー

自分の心に聞いてみる…

罪悪感は確かにあるけど、
世間の人と同じようにバイサーやりまくったとして自分は本当に満足するか?
いやしない
興味ないし、そういう腑抜けなままやっても就活のネタ思いつかんだろう
だから自分は間違ってない
いいんだこれで
自分が自分を肯定しないでだれがする
正しいことは証明できないんだから自分がそう言ったらそれで終わりだし
他の人が言ってることは関係ない

自信のある人は、頑張らなくても自分に価値があると思っている…
ネットで見た言葉だけどはっとした

価値観は人それぞれで、常識なんてカスみたいなのがたくさんって 思ってたのに
世間受けしない人間はだめだと、自分の価値観を世間にあわせていたかも

なんでこんな簡単なことに気付かないんだろう
自分のことって自分で見えない
本当は自分好きだよ、
好きな女の子のセンスがいいと思っている
かわいいものをかわいいと思える
生物すき
勉強それなりに好き
家でゆっくりするのが好き
でもしょぼいとも思っている
それをやめればいいのか
就活用の自己評価と本当の自己評価が混ざってたかも

昔はこんなに自信なくなかった気がする

だんだんなくなっていった
それは人のあら探しばっかりするようになったから?
批判精神はいいものだと思ってた
批判をしないと悪いもの(主観に過ぎないが)は悪いもののまま
でもそれはちょっと違ったかもしれない

批判をしていると確かに世界はよくなるかもしれない
でも…脳は主語を理解できないってやつ、あれが本当だとしたら同時に自分も傷ついてゆく
だったらそんなことしなくていい

自分はボランティア精神ないから
悪いものから目をそらすのは自衛として素晴らしいことなのかも

ぐだぐだ考えた結論

・サークルやめたいが根気と話す相手が心配
→根気は今のサークルではつかない。
話す相手がいなくなる不利益は、コミュ障になる、情弱になる、孤独防止の友人が作れなくなる、人脈がなくなる だが
コミュ障防止は他でもできるし、孤独対策として友人を増やすのは不毛だからやめた。人脈も気にしなくていい
情弱は確かにあれだが、まあ無視していいレベル

・自己評価が低いので将来が不安になる
→本当は自分のことを好きなはず。就活用の自己評価と本来の自己評価を混同しない。
あと、もう一つ理由があって、批判厨であること。
ある意味正義感から批判をしていたが、それは自分をも傷つける
そんなに身を切らなくてよくて、臭いものには蓋をするべき

まあそうは言っても、心の底から納得するまでは時間がかかると思うから
それまではサークルは適当な感じでやってたらいいと思う

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加