ヒッタイト人の特徴 ~ヒッタイトが作り出した「契約」の概念~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ヒッタイトは強い力を持つ民族だった。彼らはやがて戦争を長引かせるよりも平和を作り出すほうが好都合なこと、征服した対象は奴隷にするより自由を与えるほうが政治的に好ましいことに気づいた。そして彼らは契約を作った。

ユダヤ人はエジプトに移住したとき契約の概念をヒッタイトから獲得し、それを神との関係にも取り入れた。シシリー島の財産紛争も、契約によって多くが解決された。イエスは契約を重要視し、本音と建前の食い違いを偽善と呼んで非難した。
新世界に来たピルグリムも自身のことを契約者だと考えており、メイフラワー誓約を作成した。社会契約はこの独立の基礎となる理論を提供していた。
新世界に民族が増えるにつれ、契約の重要性はました。異文化と異言語のため、意思の疎通が不完全だったからである。詳細まで細かく明文化され確認された。

現代でも、アメリカでは契約が重視されている。国際社会でのアメリカは相手をよく知らないという理由のため特に契約を強調する。一方で日本は、同じ理由のため相手と個人的な関係を築こうとする。日本人は接待を気にするがアメリカ人にとって最も重要なのは契約の規定である。このズレはしばしば誤解を生む。

契約は功罪相半ばするものである。契約のため私たちは信頼を思い焦がれるようになるが、同時にそれは知らない人と付き合うために不可欠なものでもある。

The following two tabs change content below.
どろです。女子です。 ファッションやかわいいものが大好きな永遠の20歳(嘘) 実は旧帝大卒です。日記と家計簿を10年以上つけていたりします。 もし気に入った記事があればシェアしてほしいな♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加