Kanon名雪の母親依存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3
レスポンシブ

(ゲームやってない京アニ版だけ見た人がぐだぐだ書いてるだけ)
(きっと色々間違っている)

名雪はかなり身につまされるキャラだった。
栞もそうだけどちょっとずれるのでおいておく(あっちは死に近い親しい人との関係)
名雪は思えばアニメキャラで一番投影するかも もともとあんまり投影とかしない(つもりである)んだが

名雪には、父親がいないのが関係してるのか知らんが、秋子さんしかいない

もう台詞聞けば説明の必要はないんだが、秋子さんが危篤になったら祐一くんも香里も締め出してしまう
祐一くんと香里はただのその辺にいる友人じゃなくてかなり近しい、家族一歩手前ぐらいの仲(というか祐一はいとこだし一緒に住んでる)なんだけどそれでもね

Kanonの考察で、名雪の不幸は一番軽いと書いてる人いたが、そうでもないんじゃないかと

これも受け売りだが、名雪は手酷く裏切られたわりにずっと祐一くんが好きでいる
7年も
高校生になってもずっと
全然会いに来ないのに
もう祐一くん以外と恋愛はできないと
恋愛ができないというのは、大きい
結婚と子作りができないから

だから名雪は祐一くんに選ばれなかった場合本当に一生涯秋子さんだけになってしまう
その秋子さんが危篤(たぶん本物の奇跡が起こらないと確実に死ぬ)なんだから
これは不幸とか言ってる場合じゃなくないかな
名雪ルート行かなかったら名雪自殺しそう

真琴とかあゆあゆに対して一緒に住みたいとよく言っていたのは秋子さん以外に本物の家族が欲しかったからじゃないかなあ
香里と北川とは一緒に住めないからね やっぱり愛が愛着である以上一緒に住まないで家族になるのは難しい

あゆあゆも母親を亡くした直後に祐一と会ってるんだよな
父親は?って感じだけど
もし虐待とかされてたら祐一くんに依存するのはわかる 子供だしね
その祐一くんに…忘れないでって言ったのに、妄想の自分を作られて、本物の自分は見てもらえないで7年経過とか…
あゆあゆついでだけど、あゆは幼少期にすでに母親を亡くしていてそれを克服してるから名雪の上位互換だ、という意見があった
これはフィーリングでしかないんだが幼少期に亡くすのと自我ができてから亡くすのでは意味が違いすぎると思う
幼い子供にとっての親は親でしかないけど自我が確立した子にとっての親は親としてだけでなく自分でない他人としての面もある
親が最愛ならそれは人生の伴侶と同じ重要性をもつ

やっぱり鍵は考察したほうが楽しめるな
真琴ルートと栞ルートは考察いらないのでおすすめ
というか、あれで泣かなかったら異常とは言わないが感性が違うのでお友達になれない
泣くよあれは!
だって人が死ぬんだよ…
切実に…
まあ…鍵のいけぬまキャラが受け入れられなくて、感情移入できなくて泣けませんでしたならわかるが
自分はいけぬまでも大丈夫というか電波キャラには慣れてるからな、ホビーアニメばっか見てて

それにしても鍵はよくできてる、目の付け所がいい
それだけじゃなくてちゃんと描ける
お話自体も演出もね そうおもいます
人がお話に感動する条件は、①感性が合うこと、②内容に自業自得とか目的ブレブレとか変なところがないこと、③演出がいいこと だと思うので
鍵は自分にとっては全部ハイレベルで満たしてたので

レクタングル中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存