男性に家事育児を手伝わせる人はいても女性に総合職の仕事を手伝わせる人はいない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

家事を全くしない夫、というと非難轟々ですが、無職の妻はむしろ肯定されています。
私はどうしてもこの状況が我慢ならないのです!

専業主婦(主夫)と総合職会社員、どちらが大変だと思いますか?

そもそも総合職というのは一般職の対義語としてあるものです。
総合職は裁量が大きく、創造的発想が必要で、責任も重いコース。
一般職は定型的なことをやる、比較的責任が軽いコース。

毎日の家事は定型業務、単純労働です。

やってることの内容も違います。
が、それ以上に違うのがプレッシャーです。

会社勤めは常に誰かの目があります。いきなり寝っ転がるなんて絶対できませんよね。
外回りでサボるのも今は車にGPSがあり難しいです。
職場によっては昼休みすら休めません。職場の人と一緒に食べるのは仕事の延長ですからね。
下手を打つと嫌がらせ人事に遭います。
家事は誰も見ていないのでいつでも休めますし、ちょっと体調が悪い程度で投げ出せます。

総合職のストレスは本当に物凄いんです。

家事はやろうと思えば誰でもできますが、
総合職の仕事は、経験のない人がやると「もう無理」となってしまうでしょう。

企画、プレゼン、会議、出張、飲み会、接待、社内行事、ジョブローテーション。
サラリーマンは本当に本当に、本っっ当に辛いのです。
職場でのプレッシャーだけではありません。妻子を養うプレッシャーまであります。
自分が働けなくなったら家族が路頭に迷う、子供を大学に行かせられない・・・
一人でこんな重責を背負うなんて涙が出ます。
人間一人食わしていくのって並大抵のことではありませんよ。
普通は自分で自分を、自分一人を食わすんです。食客を抱えられるのはすごいことです。

ええ、もちろん、専業主婦も大変です。
専業主婦が楽と言いたいのではありません。
楽な人生なんてありません。
でも総合職の大変さは覗いてみないと想像の及ばないレベルなのです。本当に。
男性にとって、一般職や専業主夫が茨の道なことが気の毒でなりません。
私は男に生まれていたらどうなっていたかわかりません。

専業主婦だろうが勤め人だろうが、お互いに思いやれるのが一番いいのですが、
どうも専業主婦側の声が大きすぎるような気がするので応援してみました。

仕事が辛い人は、どうか休んでください。脱サラしましょう。
今まで血反吐吐きながら妻子を養ってきたなら、今度はあなたが妻に養ってもらってもいいはずです。絶対そうです。
すごく頑張ったんですから、優秀な能力を死なせないでください。日本のためにも。

ワニの口が開く中自分の命を削って納税している人がそのストレスの分だけ報われることを切に願います。

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加