【商品紹介】潔癖症がスマホに触れずにタッチ操作、カメラ、充電などほとんどの機能を使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

携帯は便器以上に汚いと言いますね。
でもそれは、人がいっぱいの電車などで手を洗わずに使うからです。
スマホは身近なものですから、汚いと気分がよくないですよね。
特に聖域(私の場合は寝るベッド)に持ち込む場合は綺麗じゃないと許せません!
なので、スマホを汚さずに使えるよう試行錯誤した結果をシェアします。
【まずはすっぽり】
スマホを守ると言われて最初に思いつくのはカバーですが、
市販のカバーは、潔癖のことなど考えていないものがほとんどです(そりゃそうだ)
それでも潔癖に使えるものがあります。
防水ケースです。
隙間なくすっぽり包んでくれます。
防水ケースは水を通さないのだから、汚れも通さないはずだと安心できませんか?
私はこの商品を購入しました。

デザインは好みが分かれるかもしれませんが、見慣れた今はなんとなく愛着がわいています。
両面クリアのものを選ぶと、iPhoneの機能は指紋認証以外すべて使えます。
本体についているボタンなどを見ればわかります。
タッチパネルは多少操作性が落ちますが私は気になりません。
電源ボタン、音量ボタン、マナーモードスイッチは押しづらいですが、ばassistive touchで代用できます。
ホームボタンは普通に押すことができます。
内カメラ・外カメラとも問題なくうつります。
スピーカーもちゃんと聞こえます。
残るはイヤホンと充電ですが、後述します。
ちなみに以前はスマホポシェットを使っていました。

この商品です。
かわいいのですが、洗いにくいのと、カメラが使えないので不便でした。
利便性と見た目を天秤にかけて、選んで下さい。
【イヤホンについて】
イヤホンはすっぽり包むと使えませんね。
それに、外出先でイヤホンを使うというのは清潔な部分と汚れる部分の区別がしにくくて悩ましいことです。
私はBluetoothヘッドセットで解決しました。
Bluetoothは無線接続の規格です。
いろんな意味で煩わしいコードが消えてすっきりします。
ついでにAVRCP対応の製品ならスマホを出さずに音量調節、トラックの切り替えができます。
通話もできます。
私が購入して使っているのは、これです。

ものすごく軽くて、慣れるとつけている感覚がなくなります。
バッテリーはマイクロUSBで2時間充電して4時間もちます。
価格が低いですが今のところ不具合もなく、いい買い物でした。
髪をおろしていると分からないので、面倒くさくて付けっぱなしにしていても自然です(笑)
ロングバッテリーかつAVRCP対応で私が欲しいと思っているのはこちらです。

【充電】
充電も無線規格で解決しました。今度はQi(チー)です。
iPhoneはQi対応でないので、Qi対応のレシーバーをLightning端子に付ける必要があります。
私は最初シート型を買っていたのですが、どれも2ヶ月未満で壊れてしまいました泣
そこでケース型に変更したところ長持ちしています。
このケースは、シート型と違って抜き差しする必要がありません。
シート型は端子を埋めてしまうので、有線充電するには取り外さなくてはなりません。
私は聖域にQi充電器を持ち込まないようにしていたので、毎日抜き差ししていました。そのせいで壊れたのだと思います。
このケースはマイクロUSBの端子がついているので、有線無線どちらでもOKです。

充電器はたくさん出ているのですが、私は安くてコンパクトなこちらを買いました。
今のところ不具合はありません。異常発熱もなしです!

さらにモバイルバッテリーもあります。
ここまで揃えればスマホを使っていて不便に感じることは何もありません。
Qi充電だとロスがあるのでフル充電回数は3回ほどになります。
モバイルバッテリー本体の充電はマイクロUSBで行います。

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加