田舎民が教える!蚊に刺された痒みを一発で鎮める方法 最強のかゆみ止めは絆創膏!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今年も梅雨が開け、気温は30度を超し、そしてあの忌々しい蚊が襲来するようになりましたね。
私は先日、駐車場で20分ほど作業をしたのですが、その間に腕や足を10箇所くらい刺されました。ブチ切れそうです。
特に関節に近いところにある虫刺されはつねっても引っ掻いてもかゆいです。

広告

蚊の虫刺されを一瞬で鎮める方法

さてそんなムカつく蚊の虫刺されですが、私は数年前から毎年実践している最強の対抗策を知っています。

それは絆創膏です。

かゆくて仕方ない部分に、騙されたと思って一度貼ってみてください。
10分もすれば存在を忘れます。

はっきり言って最強です。爪でバッテンを付けるとか、熱湯をかけるとかいろんな方法が噂されていますが、絆創膏を貼る以上に効果的な方法は私の経験ではありません!

ちなみに絆創膏がない人はセロハンテープやガーゼテープでもいいです。患部を石鹸で洗ってからペタッと貼りましょう。
ガムテープはちょっとおすすめしません。

見た目が…

ですがこの方法にも欠点はあります。それは見た目が間抜けなことです。
大の大人が絆創膏をいくつも貼り付けていたらまあかっこよくはないですよね…。

そういうときは、
・目立たない場所だけに貼る
・長袖を着る
・肌色に近い絆創膏を使う
という対処をとりましょう。

と書いておいて何ですが、私は見た目度外視で貼りまくっていますw
猫を飼っていてもともと絆創膏を使う機会が多いので。
あと田舎なので蚊のレベルが高いのです。強くてでかくて多い。ヤブ蚊もそのへんにいます。

以上、蚊の虫刺され対処法でした。
まだまだ暑くなるこれから、絆創膏貼りまくって快適な夏を過ごしましょう。

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加