ピクサー『モンスターズ・ユニバーシティ』感想とレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3
レスポンシブ

ネタバレ注意。

地上波で見た。一度見たことあるけどあんまり覚えてなかった。
モンスターズ・インクはこちら

まず箇条書き最後にまとめ

モンスターズ・ユニバーシティ
途中から?かどうかわからない。マイクが扉の中に入るところから

・映像、キャラデザ、世界観の良さは言うまでもなく
・幼マイク見てるとTDRの例の和菓子食べたくなってくる…
・大人のときより肌がきれいだからよりうまそう

・なんかこいつらの仕事中好き
・真剣に怖がらせてるのがかっこいい

・OPで大学受験と合格を済ませるというスマートさ

・学生ランドールさわやかだなw
・でもすぐ悪い顔した

・いやー、この学長は無能だろw他の学部もあるのに否定するなよw>怖くないモンスターに価値はない

・サリーウェイDQNじゃねーかw
・キョロ充ランドール
・豚かわいい

・お箸恐怖症なんつった?
・マイク努力家だなあ
・ここらへんいい(サリバンそれしかできないなら怖がらせ屋になれないぞ)
・勉強に付き合ってくれるランドール普通にいいやつだな
・怖いものの情報とかあるんだな〜
・感じ悪いサリー
・感じいいランドール
・まあ一つの学部以外を否定するのは論外として、才能ないやつに君才能ないよって言うのは教育者としてどうなんだろうか

・マイクつら
・ここで怖がらせ大会に出ようって思うその発想がすごい
・こういうメンタルあればどこでもやっていけそうだ

・ランドールはマイクと勉強してたからあのあと成績よくてRΩR入れたのかな

・ひとつのクラブにひとつの家があるなんて…うちの大学はクソ狭いボックスだよ
・ウーズマカッパの人たち前向きだな
・アートうける
・そしてまたマダオ
・ドア閉めた途端勝てるのか?ってw

・生物学部あるんだな
・ウーズマカッパめっちゃ有能じゃねーかww>図書館のシーン

・そうそう堂々としてればいいんだよな、なかなか難しいけど
・スクイーズめげないなw
・サリーちょっと優しくなってきた
・ひでえな(ペンキかけられるシーン)
・いじめられたことないけどちょっときつかったぞ今のはw
・こんなことやって大丈夫なのか?(撮った写真をそこらじゅうに貼ってるところ)

・すごい音楽聞くなママ
・ここでも、モンスターズインクにみんなを連れて行くマイク有能すぎる
・これモンスターズインクより良作じゃね?
・インクで働いてる人たちに共通点はない…名言だなおい
・もうモンスターズインク超えを確信した
・え…アート服役経験者…?
・監視カメラに映ってるんじゃね

・サリーも有能だな
・他の人に影響出るからマイクは最後でいいな
・爺さんメガネ外してヒゲ剃ったほうがいいんじゃ
・スクイーズ普通にやるなw

・イイハナシダナー…と思ったら…
・正論だな…>自分のためにやっただけだろ
・これ本当に展開うまいぞ
・散々、どうしても怖くない(生まれつきの才能がない)ことが強調されてきたマイクがご都合主義で簡単に怖くなることもなく

・マイク手癖悪w
・言わなくていいのにーサリー

・ここで実際に子供を怖がらせにいくマイクの発想ry

・お前の気持ちはわからないよ けどできないのはお前だけじゃない

・マイクはこういう、カーテン揺れてるとか物音とか最大活用して自分はすぐ後ろにいるとかしたらいいんじゃないの
・見た目が可愛いなら正攻法でいってもだめだよなあ
・そういえばブタ捕まえるときもピタゴラスイッチしてたしこういう才能あるんじゃないか

・ああ…研究所の人ガチでかわいそう…缶詰して研究しただろうに…

・ウーズマカッパよかったな
・あっそうww>シェリーと婚約

・うん、マイクは全然普通じゃないな
・バス、迷惑ww
・ああ、そこから異動していくのか
イイハナシダナーT_T

以下レビュー。
いい話でした。
入学当初から真剣に勉強したけど期末試験に一瞬で落ち強制転部
怖がらせ大会に出て怖がらせ学部に戻ろうとするも大会の仲間はウェイが見下すような(この映画では怖がらせ屋がエリートで怖ければ怖いほどスクールカースト上位)(大学生にもなってスクールカーストとか言ってるのもアレだけどな)ウーズマカッパ
なんとか大会を勝ち抜きウェイウェイぱーりーに呼ばれるもののあっ称えられるってところでペンキをぶっかけられてコケにされる
最終ラウンドは怖がらせシュミレータ。無事優勝するが自分の番だけ難易度が最低にセットされている。つまり一緒に頑張ってきたサリーに見くびられる
本物の子供を怖がらせに行くが反応は「なんかおもしろーい」
こういうふうに挫折ポイントが何回もある。そればかりか常に周りから「お前には無理」「才能ない」と馬鹿にされ続ける。
でもマイクは一回も折れなかった。怖がらせ屋になる道を見つけた
そして人のやる気を喚起する能力がありすぎる。有能。有能有能アンド有能
というかそれだけじゃなく基本的に有能。頭いい。
こんなメンタルが強くて有能なキャラは久しぶりに見ました。
展開の粗も得になし。
確実に良作です。五つ星で付けるなら5かな。

ただ、気になる点二つ
一つ。マイクがサポート役になった(インクに怖がらせの補助をする仕事があるということ)っていうのは説明すべきだったと思う。いや説明だけじゃなく序盤からもにおわすべきだった
だってインク見てなかったらわからなくないか?「え?マイク結局怖がらせることはできなかったのに怖がらせ屋になってどうするの?」ってなるよね
二つ。見ながらずっと思ってたけど学長がストーリー上必要とはいえ(それも、他に方法があったかも)学長として微妙。マイクを攻め立てるのは置いておくにしても、特定の学部以外を否定する学長って???
この二つ以外は完璧だった。映像、キャラデザ、世界観
インクのほうは話は普通だったけど、こっちの話は素晴らしかった

別に悪いところではないけど、ランドールはもう少し掘り下げられたかもしれない。本筋じゃないからいいけどね。

今のところ見たピクサー作品を完成度順に並べると
MU>>>カール>ウォーリー>ニモ=M,inc.>>>>>>>>>>バグズライフ
こんな感じ。トイストーリーシリーズをちゃんと見てないのはありえない?申し訳ない。
インクレディブルは何回か見たけどまじめに見てなかったので評価不能。

レクタングル中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存