夢日記を6年間つけている私が夢日記について話す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
レスポンシブ

私は、2010年1月1日から今日2016年2月19日まで6年間ずっと夢日記をつけています。
今日見た夢は、電車からなぜかなかなか降りられなくて、窓から飛び降りて線路を歩く夢でした。
どうでもいい夢ならつけなかったり他のことしてるうちに忘れたりで、全部を記録しているわけではないのですが、6年夢日記をつけているというのは、それなりに珍しいかなと思ったのでいろいろ情報提供してみます。

広告

どういうふうに記述しているか

絵心がないので基本字ですが、どうにも口で言えないときは適当な絵を買いたりもします。
まず視点です。夢は、アニメの映像を直接見ているようなものだったり、現実のような一人称視点だったりします。
次に主人公が誰かを書きます。自分のこともあるしほかの人に乗り移っていることもあります。途中で変わったら変わったと書きます。
あとは普通に登場人物や展開を実際あったことを話すときのように書きます。
夢なので曖昧な部分もあります。そういうところは分からないなりに何かが、とかなぜか、とか書きます。
これだけ続けても支離滅裂な夢を表現する文章はうまくなりません。

夢日記をつけている目的

実は、目的といえるほどのものはありません。
もともと普通の日記をつけていたので、そのついでに書いています。
強いていうなら、楽しい夢・美しい夢を忘れないためです。
一応自分を理解する助けになるかも、とも思っていますが、夢というのはめちゃくちゃすぎて、今のところ役立ったことはありません。

日記を見ればその夢を思い出せるか

数年前の夢日記を見ると、思い出せるものと完全に忘れているものがあります。
思い出したものがその日見たものと同じかは分からないのですが…デジャヴかもしれないですしね。

夢と現実が混ざるか

起きてすぐは混ざっていることもありますが、大体5分ぐらいすれば気付きます。
たとえば夢の中でお菓子を買って帰り、起きて、今日はお菓子がある、嬉しい、と思い、いや昨日は買い物してないはず…とがっかりするような感じです。

明晰夢が見られるようになったか

少なくとも、私はできません。
夢の中で「これは夢だ」と気付くことはごくまれにありますが、
どちらかというと一回覚醒して、半ば続きを妄想しながら寝て、無理やり見ているだけのような気がします。
基本、夢を見ているときは没入して夢を現実だと思っていることが多いです。
しかし、意識ははっきりしておらず、現実ではしないような行動もします。

夢の中で自由に動けるか

大体は操作できます。没入して現実だと思っているので、好きなように動きます。
ただ、それができるのは夢の主人公だけです。ほかの登場人物は勝手に動きます。

精神に異常は出たか

全く健康です。
むしろ、楽しい夢を見た日は文章にすることで記憶が持続するので、一日いい気分で始まります。

以上です。
夢は想像力を喚起するので、特に創作をする方にはいいと思います。夢日記。
ちなみに二次元の夢を見るコツは寝る前にアニメを見まくることです。

余談ですが夢日記で検索しようとするとゆめにっきの画像が出てきて怖いです。あのゲームみたいな夢を毎日見ていたら精神おかしくなると思います(謎)

レクタングル中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加