「ねこぢる草」感想 不条理で陰鬱な夢の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ねこぢる草を見た。
ねこじる草が何なのかと言うと今はもう自殺してしまった作者の原作をカイバやケモノヅメで有名な湯浅政明が関わってアニメ化したOVA
Wikipediaには何やらものすごそうな文章がある

トラウマ級の残酷で気味悪い表現や、脈絡の無いドラッグ中毒のような展開は、原作を凌ぐほどである

感想:そんなめちゃくちゃに怖くはない

まず、トラウマ級とか書いてたのでそこについて言うと、怖くはなかったです。
どっちかというと気持ち悪いとか不気味とかいう感情を抱きそう。
たとえば、豚が自分を食べるシーン、目玉を食べるシーン、たん瘤を食べるシーンなど。えぇ…って感じ

「脈絡のないドラッグ中毒のような表現」と言うなら、自分はゆめにっきのほうがずっと怖い!
あれは本気でもう二度と見たくない。夢に出るから((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
脈絡がないというよりは狂気、SAN値?色遣いが病的
プレステのゲームLSDもちょっと嫌。ゆめにっきよりはマシだけど

ただ、私は怖いものが苦手で最大限に警戒して見てたので、あまり入り込めなかったのかもしれません
それに忙しい時期だったので感性枯れてたかも

意味とかテーマはなさそう

資源の枯渇とか生きるために他の命をとか言う感想があるけど、
もしそんなのがテーマなら残念だ
陳腐だし、他にもっといい伝え方がある

実際意味はなさそう
適当にヘンな映像を作って繋げてみた感じ
深く考えたらだめなんだきっと
もしあったとしても作者にしか分からないような

あと、そういう視点なら、猿が人になる映像はいただけない。よくある間違った進化の表現

雰囲気がすごい

メッセージ性というか、会話の意図を想定せずにあのアニメを思い起こしてみると、世界観は素晴らしかったと思います
なんというか、閉塞的で陰鬱で不条理な夢をそのまま持ってきたような
頭を押さえつけられて苦しいんだか布団が心地よいんだかよく分からない状況で没入して見ている夢
全く根拠がない小並感になってしまうんだけど、こういう夢を見たことがある人は少なくないんじゃないかと

でも夢はすぐ忘れてしまうから、
そんな非日常の夢を表現してくれているのは芸術的に価値があると、感じる
たまには理性を手放すのも楽しい
稀有で魅力的な感性だと思う。
自分にこういう感性は全くない、想像もつかない

以上ねこじる草の感想でした。

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加