嫌いなのはいいが、潔癖に対して神経質すぎるとか甘えとかわがままとか言ってくるやつのうざさと愚かさは異常

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
レスポンシブ

なんか攻撃的なタイトルで申し訳ないです。。。
何が辛いかって完全に主観によるのです。
そうやって人の辛いのを馬鹿にしてるとブーメランです。
たとえば、私はこんなにしてあげてるのにこたえてくれない!!!みたいな人間は、
こっちからすれば、自己中で自分勝手で独りよがりで他人の気持ちになって考えることができない自己愛塗れだなあとなるけど、
本人にとっては他人の気持ちより自分のいい人アピールのほうが1万倍大事かもしれない。それができないのが何事にも耐え難い苦痛で体に異常が出るほどつらいかもしれない
そういうのを自分の感情で判断するのはなんとも、それこそ自分至上主義
自分の感情が正しい、論理はどうでもいい、他人の感情もどうでもいい、って立場なのですね(さっき他人の気持ちという言葉を使ったのでややこしいですがここでの感情は事実判断をする理性との対比としての感情であります)
別に馬鹿らしいと思うのは何ら問題ない(ここでの問題ない、は愚かでない、という意味) のですけれどそこで自分が正しいと言い張るのはやっぱり狂ってます
自分を含め、サンクチュアリ型潔癖にとって、サンクチュアリでいるのは人生で一番安らげることなんですよ
そこに他人の汚れが入り込むと人生の一番大事なところが壊されて、失われるのです
非潔癖から見たら病気としか思えないかもしれないけど、逆に潔癖から見ると回し飲みとかしてる人は信じられないのです
私たちは他者危害はないのだから放っておいてほしいです愚行権です(もちろんこれにも根拠はありません。ただのお願いです)
長いので一言で言うと事実判断と価値判断の区別がつかない人はやれやれだ。辛さも幸せも主観だ。ということです。

レクタングル中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存