炒めた脳のパスタ?謎の料理カルツォニッキ(calzonicchi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
レスポンシブ

先日レンジでパスタを使って茹でたパスタにかけるパスタソースを探していたのですが、
なぜか、いつのまにやらWikipediaに迷い込んでパスタの種類や料理法を見ていたのです。
そうしたら詰め物入りのパスタにカルツォニッキというものがあって。
>炒めた脳と卵のペーストを詰め、三角形にかたどったローマ地方のパスタ。
!?
一体どんな味なんでしょう。
脳を使う料理はたまにテレビで見かけますが、牛の脳だったりブタの脳だったりしますよね。
でもこのカルツォニッキは脳としか書かれていなくてなんだか不気味です。
Wikipediaでは信ぴょう性がないので他のサイトに書かれていないかとググったのですが、同じ文面をパクったページばかり汗
Wikipediaの英語版を見てみたりもしましたが、カルツォニッキの記述はなし。
こうなったら、とGoogleの設定を変えて英語ページを探るようにし、calzonicchiで検索。
検索結果300件未満ですが、信用できそうなものが引っかかりました。
Oretta Zanini De Vitaさん(イタリア語が分からないので人名でなく組織名かもしれません)が2009年に出版したEncyclopedia of Pastaという本に載っているようです。
見ると典型的なローマのユダヤ料理らしいです。なんでも、ユダヤ暦の新年ローシュ・ハッシャーナーに振る舞われるとか。
材料は小麦と卵、詰め物に脳と玉ねぎとスパイス。
…結局何のbrainsなのかはわかりませんでした。
普通ブイヨンに入れて食べられるようです。スープパスタでおいしそうですね。
でもパスタッシュッタ(スープに入れずソースなどをかけて食べる)としても出されるらしいです。
こんなタイトルにしておいて何の脳かわかりませんでした、ではちょっとつまらないので、
ユダヤ料理で脳というと何の脳か決まっていたりするのかなと思い調べてみました。
どうやらイタリアでは内臓を食べるのはごく普通のことで、ローマには脳料理が多いそうです。
牛の内臓も羊の内臓も豚の内臓も肉屋にたくさん並んでいるそうです。
となると日本人がカレーに牛を入れたり豚を入れたり鳥を入れたりするようにカルツォニッキにもいろんな脳を使うのかもしれませんね。
しかし脳というとプリオンを思い出しますね。
BSEやクロイツフェルト・ヤコブ病、クールー病の。
うーん人間の食欲ってすごいです。そんな呑気な話題ではないですが。
あ、ちなみにパスタソースはキューピーのあえるパスタソース・だし香る納豆、和風きのこ、がおすすめです。湯煎も電子レンジチンもいらないです。
レンジでパスタいいですよ。普通においしいですし、大きくて重い鍋を洗わなくていい・水も少なくていいのは助かりすぎます。
これ買ってからパスタにはまって食べ過ぎちゃいました。太りました。

レクタングル中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存